『ぼさつ道』は私が気まぐれに発行している長昌寺の寺報です。一般的に宗教といえば、教祖の教えを『信じるという事』ばかりに重点が置かれがちですが、仏教は『信じる宗教』であるとともに、その教えを 自分の事として受け止め、どう気付いて行くかという『気付きの宗教』であり、又自分自身の日常生活にどう生かして行くかという『生き方の宗教』であるともいえます。
  ・・・・・・・・・・・・


 そこで今回ホームページ掲載にあたり『仏教は気付きの宗教』『仏教は生き方の宗教』『信仰の世界』の三つに分け、さらに『○○の人へ』とテーマを付けました。皆さんが今一番感じている所からお読み頂けたらと思います。

尚、各頁の散華絵は平成6年4月3日に行われた先師通夜歎佛に際し作製したものの複写です。


ぼさつ道目次




TOPへもどる